ITについてのこれからを完全網羅!エンジニアは必見!

免許と資格の違いは、法的処分されるのが免許で資格はある一定以上の技能や知識を持っていることを証明するものです。

IT企業関連で働こうとする場合、資格があれば技術的にどのくらいの能力や知識があるかが分かるということで、免許が必要なものというのはあまり聞きません。

IT関連企業のどの部分に関わって仕事をするかで必要な資格は決まってきます。IT技術者になるのか、システム管理者になるのか、プログラマになるのか、ユーザーサポートになるのかWebデザイナーになるのか、システム管理のコンサルティングをするかでそれぞれ必要な資格があります。

あなたは何を目指しているのでしょうか。基本的なことからですと、「IT技術全般」としてはITパスポートや基本情報処理技術者があります。ITパスポートは情報技術に関する基礎知識をもち、技術に携わる業務につくか担当業務で自分の仕事に情報技術を活用しようとしている人が対象です。これからIT業界人になろうとする人の最初のステップとなる国家資格となります。

基本情報処理技術者は、情報技術全般で基礎知識や技術をもち実際に活用する能力のある人が情報システム開発プロジェクトでプログラム設計書を作成したり、プログラムの開発をするか、一連のプロセスを担当するか、あるいは将来的に同様の業務を担当する仕事に就く人を対象としています。

「システム設計・管理者」の中には、応用情報技術者の資格やITサービスマネージャなどの資格があります。応用情報技術の資格は高度IT人材に必要な応用知識や技能をもっている人が対象です。ITサービスマネージャは情報システム全体に関して安全稼働を確保しつつ継続的な改善や品質管理などにつてのサービスの提供を行っています。

一般的に早い段階から取れる資格として「ユーザーサポート/ヘルプデスク」の中に日商PC検定やパソコン検定、パソコンインストラクター資格認定などの資格があります。

その他、プログラマやネットワークを構築する管理者の資格やデータベース管理者、制御系エンジニアなどの資格等があります。

それぞれ何を目指していくかでしっかり勉強をして、仕事に活用していくことが大事です。資格などあってもなくても同じという人もいますが、やはり就職や再就職にはその人を知るということで「ものさし」的な役割があります。

ネットワークエンジニアをめざす人、ネットワークエンジニアとして独立を考えている人に役立ちそうなサイトを見つけました→ネットワークエンジニアに捧ぐ、フリーランスのチカラ

§1 · By · 11月 11, 2014 ·


Leave a Reply